1. トップページ
  2. メンテナンス・リフォームについて

屋根のメンテナンスとリフォーム(葺き替え)

 夏の強烈な日差し、梅雨、台風、夏の湿度と冬の温度差…家屋の中でも屋根は、一番厳しい環境に置かれています。過酷な条件に耐えられる高い性能と外観の美しさを維持するために、専門家による定期的な点検、適切な時期での効果的な屋根リフォーム(葺き替え)が必要です。

屋根のメンテナンスとリフォーム(葺き替え)のポイント

種類 メンテナンス リフォーム(葺き替え)
瓦系 台風などで瓦がずれると、そこから雨水が侵入してしまいます。瓦がずれたら、下から順番に押し上げるようにして、引っかけ桟にかけていきます。 古い瓦屋根は、引っかけ桟や野地板が腐っていることが多いです。定期的に点検し、桟や瓦の異常を早めに修理すれば、補修程度で済む場合もあります。
彩色石綿板系 7〜8年で塗装面が劣化しますが、雨漏りにはつながりません。ただし、美観上好ましくないので、再塗装が必要です。また、硬い靴などで歩くと破損する場合があります。割れた葺き板は雨漏りの原因なので、交換しましょう。 塗装面が色褪せた程度ならば、定期的な塗り替えだけで良いですが、10年以上経つと硬化し、葺き板がズレたり割れたりするので、屋根面全体の葺き替えが必要です。
金属ルーフ系 金属屋根が部分的にさびている時は、まずワイヤーブラシやサンドペーパーでさびを落とします。さび止め塗料を下塗り後、アクリル系塗料を塗装します。 色褪せしたら定期的(7〜8年)に塗り替えすることにより、寿命は飛躍的に伸びます。もし、塗装が剥がれたりさびたりしても、塗料を2度塗りすることで、塗り替え可能です。
高耐候性塗装の場合、15〜20年メンテナンス不要の鋼板もあります。

金属屋根のメンテナンスとリフォーム(メンテナンス)

 屋根と屋根の重なりあっている部分、アンテナなど他の金属が接している部分に錆がでる場合がありますので、色の変わっている場所がないか、探してみてください。
 屋根材表面の変色・色褪せ・塗膜のはがれ・汚れの付着・コケの発生などは、屋根材の強度や防水性能に直接影響を及ぼすものではございませんが、より長くお使いいただくために、清掃や塗装によるお手入れをお勧めします。
 また、専門家による5年、10年の定期点検と台風通過後、地震発生後の点検をお勧めいたします。

ウッドピースグランデを長くご使用いただくために

 ウッドピースグランデは、適正な時期にメンテナンスを行えば、長期間にわたりご使用になれます。
 塗り替えサイクル(例)は、下図のとおりです。

塗り替えサイクルの例

関東地方のごく一般的な環境を想定したイメージ図です。環境によって劣化の程度が異なりますので、塗り替え時期については劣化の程度によりご判断下さい。
自然現象(落氷や寒冷地での落雪、つららの落下など)や屋根上での作業などによってサンネオマットに傷がついた場合は、上記サイクルとは別に傷部のメンテナンスが必要です。
雨の当たらない部分などには海塩粒子や酸性雨の酸成分などが堆積し劣化を促進するため、定期的に水洗いされることをお勧め致します。

ウッドピースグランデによる屋根のリフォーム(葺き替え)

リフォームで、防音効果・遮熱効果・遮音効果が向上!

 既存の古い屋根材と新しい屋根材との重ね葺きによる2重構造の「吉岡工法」。
 クールGLと防音用制振材併用により断熱効果、遮音効果が向上。冷房の光熱費も節約できます。

リフォーム(葺き替え)診断

  • 雨漏りするようになってきた
  • 風が吹くと屋根がきしむ音がする
  • 屋根材表面の変色・色褪せ・塗膜のはがれ
  • 汚れの付着・コケの発生

 いずれかにあてはまるものがある場合は、屋根の安全性・品質が低下している恐れがありますので、リフォーム(葺き替え)が必要な可能性が高いといえます。 お近くの工務店にご相談ください。

リフォームの流れ

  • リフォームの流れ

    古くなった彩色石綿板屋根

  • リフォームの流れ

    古くなった彩色石綿板屋根にアスファルトルーフィングを敷く

  • リフォームの流れ

    その上にウッドピースグランデを葺く

  • リフォームの流れ

屋根の特長

施工が簡単できれい!

 ウッドピースグランデは長さ1m程度のピース材なので、施工の際に次のようなメリットがあります。

  • 部材が小型・軽量のため、職人さん1人でも施工できる
  • 変形し歪んだ屋根にも、きれいに葺くことができる(歪みをカバーできる)

ウッドピースグランデ 3つの品質

リフォームにかかる工期と費用

 ご依頼される工務店・業者により異なりますが、宮城県内の弊社指定業者の場合、リフォームに必要な平均的な工期と費用は次のとおりです。

40坪、築20年程度の一般住宅の場合

  • 工期: 2週間程度
  • 材料・工事費用: 100万円程度

※足場などの付帯工事費用は別途となります。

ライフサイクルコストについて

 ウッドピースグランデを使いリフォームを行った場合、彩色石綿板を使った場合に比較すると、初期費用はかかりますが、その後の塗り替え・重ね葺きの費用など、20年間でかかる費用を合計すると90万円も安いことがわかります。

屋根材別ライフ・サイクル・コスト(LCC)

  初期費用 塗り替え 重ね葺き トータルコスト
ウッドピース 1,000,000円 400,000円 0円 1,400,000円
彩色石綿板 700,000円 600,000円 1,000,000円 2,300,000円

※足場などの付帯工事費用は含みません

高反射率塗装の屋根(ヒートアイランド対策)への補助制度

環境省は、ヒートアイランド現象が顕著な対象街区において、民間事業者が有する建物にてヒートアイランド対策事業への補助を行っています。
また、東京都においては、都内8地区において補助を行っています。

ヒートアイランド対策に関連する補助制度について

このページの最初に戻る