1. トップページ
  2. 屋根材の選び方

屋根材の選び方

 住まいづくりを進める中で、早い時期に決めなければいけないもののひとつが、屋根材。
 性能はもちろんのこと、外観デザインのイメージを大きく左右するものですが、素材でみても、いろいろな種類があります。
 屋根は、種類機能工法から選ぶことができますが、住まい全体のデザイン面や費用面のバランスをみながら、設計者と一緒に選ぶようにしましよう。

メンテナンス・リフォームについて

屋根材の種類

屋根材の種類 瓦系 彩色石綿板系 金属ルーフ系

瓦系

瓦系
 粘土を成形して焼いた屋根材で、形によって和瓦と洋瓦に分けられます。また、いぶし瓦、陶器瓦、塩焼き瓦などの製法があります。
 ほかの屋根材よりも高価ですが、それだけに高級感があります。
 和瓦を純和風家屋の大屋根に葺くと、大変ぜいたくなつくりになります。また、複雑なデザインの屋根には、鮮やかな色の洋瓦を使うと陰影が出て華やかです。
耐火、防水、断熱、遮音性に優れている。
重量があり、衝撃によって割れやすい。
積雪地域では、すが漏れにより雨漏りする可能性がある。

彩色石綿板系

彩色石綿板系
 本来は玄昌石を材料にした、薄い板状の屋根材です。一般的に普及されているのは、セメントと繊維を原料としてつくられており、現在最も多く使われている屋根材です。
 平板状のほかに、洋瓦の形をしたものもあります。どちらも軽量で、鮮やかな色から落ち着いた色まで、豊富な色数が揃っています。
軽量性に優れ、色目も多色。
経年劣化により色あせがある。
屋根に登った時、割れのおそれがある。

金属ルーフ系

金属ルーフ系
 鋼板、銅板、アルミニウム板、ステンレス板などの種類があります。葺き方は、長方形の平板を横長に葺く「一文字葺き」と、棟から軒先にかけて棒を並べたように葺く「瓦棒葺き」が代表的です。
 金属屋根は、瓦に比べると非常に軽く、ゆるやかな勾配にしても問題ありません。また、曲げる・切るといった加工が容易なため、曲面や複雑な形状の屋根にも対応できます。
 軽快でモダンなデザインの建物にはうってつけの材料です。ただ、金属板は裏面が結露しやすいので、設計段階で小屋裏換気が十分にできるようにしておくことが大切です。
最軽量、施工性がよく水密性が高い。1寸勾配でも対応可。
断熱性、遮音性が悪い。

屋根材性能比較

各屋根材の性能比較

金属屋根の特長

金属屋根は、次の3つの特長があります。

また、金属屋根を彩色石綿板屋根と比べると、次の3つのポイントが挙げられます。

3つの特長 経年変化が少ない 遮音効果は変わらない 断熱性は変わらない

雪に強い

 雪の多い北海道・東北の住宅は、金属屋根が70%を占めています。(全国平均は13%)
 屋根に積もった雪は、住んでいる人の熱で融けますが、建物から出たひさしには雪が残り、融けたところと残っているところに段ができ、水のたまりができます。
 瓦葺きの場合、貯まった水が中に染みこみ、雨漏りになるおそれがあります。
 彩色石綿板も瓦と似たようなもので、重ね葺きであるために、水の遮断がきかない隙間から入ってくる可能性があります。
 一方、金属の場合は、組み合わせてほぼ密閉されるため、水が入り込みにくくなっています。そのため、雪の降る北海道・東北は金属屋根が多いのです。

地震に強い

 屋根が重いと建物の重心が高くなり、揺れの際に水平力・降り幅が大きくなるため、結果として建物の倒壊を引き起こす可能性が高まります。
 重量でいえば、瓦屋根の家は自動車7台分、彩色石綿板でも1.5台〜2台分が乗っている計算になり、地震の際のリスクが高まります。
 金属屋根の場合は、自動車1台分です。これはどれほどのメリットかというと、例えば屋根を瓦から金属に変えた場合、柱を2割太くしたことと同じ効果があるとも言われるほどです。

環境にやさしい

 今は改良され、ゼロアスベストの彩色石綿板になっていますが、10年前の彩色石綿板製の屋根材は、その大部分にアスベストが含まれています。
 屋根のリフォームは、古い屋根の上に金属をかぶせる手法もありますが、屋根を剥がした場合は、防塵対策の費用、処分場への輸送手段など、解体工事に莫大な費用がかかります。
 瓦は土からこねて作りますが、壊すと元の瓦に戻りません。一方、鉄は溶かした後再び鉄にできることから、リサイクルの優等生と言われています。
 さらに、金属屋根は環境汚染物質が含まれていないので、エコロジーです。

経年変化が少ない

彩色石綿板屋根の場合 築10年後には、面塗装の剥離・変色・脱色が見られ、苔のような物が付着してしまいます。
金属屋根の場合 表面塗装の剥離・変色・脱色は見られず、サビ等の発生もほとんどありません。また、光沢は充分残り、美しさを保持できます。

遮音効果は変わらない

 屋根材の下には野地板・断熱材・天井材があり、これらが遮音材として働くので、室内では屋根材の違いによる遮音性の差は小さくなります。

断熱性は変わらない

 金属屋根の屋根材表面・野地板・小屋裏それぞれの温度は、彩色石綿板屋根とほぼ同程度です。
 材料の性質上は、金属屋根の方が彩色石綿板屋根より高温になるはずですが、屋根は軒先から棟までの空気層が通気層として煙突効果が働くため、熱気が排出され、高温となりません。

このページの最初に戻る